週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

オリックス・バファローズ

吉田正尚

#34 |  外野手 | 右投左打

吉田正尚 プロフィール

生年月日 1993年7月15日(28歳)
身長 173cm
体重 83kg
血液型 B型
出身地 福井県
経歴 敦賀気比高[甲] - 青学大 - オリックス16年〜
ドラフト 2015年1位オリックス
タイトル ベストナイン(18年、19年、20年)、首位打者(20年、21年)、最高出塁率(21年)
今季年俸 2億8000万円
選手寸評 吉田正尚(よしだ・まさたか)は、敦賀気比高から青学大を経て2015年ドラフト1位でオリックス入団。「一番・DH」で開幕スタメンに名を連ね、新人タイ記録となる開幕から6試合連続安打をマーク。腰痛で戦線を離脱するも、8月にプロ初アーチ以降37試合で10本塁打と量産した。大きな期待を寄せられた17年は再び腰痛を発症して開幕直前に離脱。7月に復帰すると、力強いスイングを見せ、2年連続となる2ケタ12本塁打を記録。18年はチーム唯一の全試合出場と開幕前に掲げた目標を達成し、6月から四番に定着して打率321、26本塁打、86打点の成績でベストナインを受賞。19年も2年連続の全試合出場を果たして、打率.322、29本塁打とキャリアハイの成績を残した。20年は打率は.350をマークして、首位打者に。自身初の打撃タイトル獲得した。3年続けてパ・リーグベストナインにも選出。21年からは新選手会長に就任し、チームを盛り立てた。東京オリンピックにも出場し、日本の金メダル獲得に大きく貢献した。9月3日のソフトバンク戦で負傷をし、「左太もも裏の筋損傷」の診断を受け、5日に抹消。17年10月7日から続けていた連続試合出場は512試合でストップした。10月に入ると今度は死球を受けて右尺骨骨折と再びの欠場となったが、最終打率.339で終了。球団ではイチロー以来となる2年連続首位打者、および初受賞となる最高出塁率(.429)の2冠に輝いた。

吉田正尚の出場成績

直近10試合の出場成績

吉田正尚 記事

吉田正尚 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング